SSブログ

おやじ、どんなもんじゃい! [お父さんのワイドショー]

CIMG7106.jpg

内藤大助VS亀田興毅世界タイトルマッチはジャッジ3対0で文句なしの亀田興毅新チャンピオンの誕生!
いや~本当にいい試合でした。
互いに逃げることなくガチな試合に釘付けでした。
一時は無名の弱い相手ばかりと戦うと揶揄されて浪速の闘犬をもじって浪速の逃犬とまで言われ、派手な生意気パフォーマンスにマスコミの総バッシング。
親父の派手な野次にセコンド追放などまさに四面楚歌。
チャンピオンの内藤は礼儀正しいのでこっちは人気急上昇。
CIMG7102.jpg

それにしても序盤チャンピオンの鼻にパンチが当たって鼻血が出て腫れあがり不利な戦いをしいられました。
鼻、骨折してなければ良いのですが・・・。
しかし、互いの最後まで勝負をあきらめることなく前に出る戦いに感動!
私?
実は私は内藤を応援していました。
なんでって?中年の星なので。
挑戦者も最後まで逃げないで戦い抜いた根性に拍手(判定が優勢なので終盤は守りに入る勝ち逃げのパターンが多い)
たしかに挑戦者の亀田は強くなっていました。
ここでまたえらそうにしたらあかんで。
なぜなら亀田が35歳になって同じ戦いが出来るかと言えば?です。
内藤選手の12ラウンド満身創痍で逃げずに戦い抜いた姿勢はまるでロッキーを見ているようでした。
今日は両者ともあっぱれです。
おやじ、どんなもんじゃい!の久々の亀田節が聞けました。
ちなみに私の採点はドローです。
顔が腫れているのでパンチが多く当たっている様な錯覚を起こしがちですが手数は変わりません。
年齢のハンディーと品格もジャッジに考えれば内藤の勝ち。
感動をありがとう浜村淳です!(このギャグは関西地方の中年にしか通用せんやろね)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます